生理痛がひどい時はごぼう茶を飲もう

体質的に生理が来ると気分が悪くなったり、激痛が走る女性は多いものです。
毎月訪れるものですから、生理痛はなんとかしたいですよね。

生理の度に薬を飲んでいるという女性もいるようですが、薬も摂取し過ぎると体には毒ですし、薬を使わずに生理痛の辛さが和らぐ方法はないでしょうか。
一口に生理痛とっても痛みの程度や場所、症状の出方は人によってさまざまです。

個人差はあるかもしれませんが、ごぼう茶は生理痛の症状を緩和することがあるようです。
そもそも何故生理痛が起こるかというと、プロスタグランジンという物質が関係しているようです。

プロスタグランジンとは生理活性物質の一つで、経血をスムーズに体外へ排出するために必要な物質なのですが、子宮の収縮を伴うので、激しい痛みを伴うのです。
さらに生理痛がひどい女性に共通しているのが冷え性であることですが、冷え性の女性は血行不良であることが多く、経血を体外へ排出する力が弱いため、より強く子宮を収縮させるので痛みが強くなりがちです。

女性はどうしても男性より脂肪が多く、筋肉が少ないため、冷え性になりやすいのです。
さらに生理によって大量の血液が体外へ排出するとどうしても貧血気味になります。

貧血はさらなる冷えを引き起こしますから、どんどんと悪循環に陥るのです。
ですから生理痛を和らげるにはホルモンバランスを整えること、それから体を温めて血行を良くすることが大切なことはお分かりいただけるでしょう。

ホルモンバランスを整えるにはエストロゲン作用のある大豆製品が有効ですが、ごぼうに含まれるアルギニンという成分も生理痛に効果があると言われています。
アルギニンの代表的な効能として、成長ホルモンの分泌、血流促進などがありますが、同時に生殖機能の働きを強めるため、生理痛も改善するというわけです。

ごぼうはそのまま食べても良いですし、ごぼう茶にして飲んでも同様の効果が得られます。
ごぼう茶を温かくして飲めば、精神的にもリラックス出来ますから、ホルモンバランスの乱れも改善しやすくなるでしょう。

生理痛がひどくなる前にごぼう茶を飲んで、辛い生理を乗り切りましょう。