ごぼう茶は空腹時に飲む

ごぼう茶をいつ飲んだら良いかというと、基本的にはいつ飲んでも構いません。
朝起きたときでも良いし、食前や食後、夜寝る前でもごぼう茶を飲んで構いません。

実際ごぼう大使で有名な南雲医師は1日4、5杯飲むそうです。
それこそ朝起きたとき、日中や食前、食後など喉が乾いたときに飲んでいるようです。

しかも南雲医師は1日1食といいますから、朝食や昼食はごぼう茶に置き換えていることになります。
つまり南雲医師は1日の大半は空腹状態にあるのです。

それでもスリムな体型と若々しいお肌を維持しているわけですから、空腹によって若返り遺伝子が活性化するというのは真実味がありますね。
お腹がグーッと鳴ったらサーチュイン遺伝子が活性化されている合図のようですよ。

このように常に空腹状態である南雲医師が1日4,5杯もごぼう茶を飲んでいるということは、空腹時にごぼう茶を飲んでいるということになります。
空腹時に刺激に強い食べ物や飲み物を胃に入れると、胃もたれや胃痛を引き起こすことがありますが、ごぼう茶は空腹時に飲んでも基本的には大丈夫です。

中には好転反応を引き起こしたり、胃の粘膜を刺激して胃痛や胃のムカムカを訴える人がいますが、慣れれば症状は治まってきます。
ただ症状がひどいときはごぼう茶を控えた方が良いかもしれませんね。

ごぼうに含まれるサポニンは植物が外敵から身を守るために持っている成分です。
人体に良い影響だけでなく、悪い影響を与えることもあるのですが、ごぼうをしっかり天日干しして十分にフライパンで炒めればサポニンの毒性は消えますから、焙煎加工はしっかりと行ったごぼう茶を飲むようにしましょう。

なお空腹時におすすめの飲み物として酵素ドリンクがありますが、酵素ドリンクにもダイエットや若返り効果が期待できます。
酵素ダイエットのアンチエイジング効果についてはこちらをご覧ください。