中国産のごぼう茶のリスク

日本には食料品から衣料品など、中国産のものが溢れています。
中国産全てが危険というわけではありませんが、ごぼう茶を選ぶ際は産地にも注意した方が良いかもしれません。

というのもごぼうの栄養素は皮にもたくさん詰まっています。
ですから身も皮も丸ごと焙煎したごぼう茶を飲むようにしてほしいのですが、海外のものは農薬や化学肥料にどんなものが使われているかわかりません。

下手するとごぼうの皮に残留農薬が付着している可能性もゼロではありません。
ニュースでも中国産のお茶や漬物からDDTや農薬が検出された事件、偽粉ミルク事件など相次ぎましたが、中国産の食料品に対する信頼、安全性が下落していることは事実です。

最近でも中国から輸入した玉ねぎに基準値以上の残留農薬が検出されたばかりです。
もちろん国産が全て安心というわけではないかもしれませんが、少なくとも中国産よりは安全な可能性は非常に高いです。

ごぼう茶には血液をサラサラにしたり、腸内環境を整えるなど健康効果に優れたお茶ではありますが、残留農薬や危険な化学物質が含有されていては、健康になるどころか体を壊してしまいますね。
最近は人件費も上がってきてはいるものの、いまだ国産に比べると中国産のものはコストが抑えられ、安価な商品が多いです。

しかし多少お金をかけても、口に入れるものは安全であるに越したことはありません。
もしごぼう茶を始めようとしているなら、国産の生産者の顔が見えるものを飲むようにすると良いかもしれません。

質の高いごぼうを使ってごぼう茶を焙煎加工しているものも数多くありますから、是非そういったごぼう茶を飲むようにしてください。
お金をどぶに捨てるようなものですから、絶対に粗悪なごぼう茶を選ばないようにしてください。