ごぼう茶でお腹が張るのは何故?

ごぼう茶は食物繊維やオリゴ糖などお腹に良い成分がたくさん含まれています。
ですからごぼう茶を飲んでお腹が張るという症状は基本的にはありえません。

もしごぼう茶を飲んでお腹が張るというのであれば、別の原因があるのかもしれません。
そもそもどんなときにお腹が張るのでしょうか。

お腹が張りやすいのは女性に多いようですが、便やガスが溜まっているとお腹が張るという症状が出てくるようです。
便やガスが溜まるとは、排泄機能が低下している可能性が高く、胃腸の機能低下により消化吸収が正常に行われていない、あるいは排泄を促す内臓の機能が低下しているのかもしれません。

お腹の張りが数日で治まるのならさして心配する必要はありませんが、長く続くようなら何らかの病気を疑った方が良いかもしれません。
お腹が張る病気としては胃炎や腸炎、胃潰瘍、腸閉塞や肝炎などがあります。

お腹の張りを治すには食生活や生活習慣を正常な状態に戻すことが一番の特効薬です。
暴飲暴食は胃腸の機能を低下させる主要な原因の一つといえます。

できるだけ繊維質の多い食事を心がけることで胃腸の調子も戻ってくるでしょう。
ですから食物繊維の多いごぼう茶は、むしろお腹のハリを治すのに最適な飲み物といえます。

ごぼう茶を飲んでいると便やガスも少しずつ排出され、次第にお腹の張りも良くなってくるはずです。
便秘にお悩みの方も是非ごぼう茶で腸から綺麗になりましょう。